お知らせ

節目箸と桜 今年も満開!きれいです!

 節目箸プレミアム

今日は節目箸プレミアムタイプを、改めて紹介いたします。

箸を組み合わせて収納することができ、熊本ののぼり旗の生地で作られた箸袋がセットになっております。

贈り物として、大変好評をいただいております。プレミアム

節目の回数!『節目箸』プレゼント!

一昨年10月にNHKで全国放送されて以来YouTubeで掲載されて来ましたが、視聴回数がいよいよ"節目の数"に近づいてきました。

そこで、999以上で1000に限りなく近い回数の時ご覧になった方(先着5名)に、『節目箸・Premium 』ないしは『節目箸・Standard 』をプレゼントします。

※応募方法

ご覧になった日時画面に書いてあった回数を、『節目箸』のホームページの【お問合せ】にあるメールアドレスにお送りください。

『節目箸と飯茶碗との出会い』

何かに引き寄せられたかのように、陶芸の展示会場に入ったところ・・・

ある飯茶碗に目が止まった・・・『あ!これだ!

『節目箸・Premium』に施している模様と、この茶碗の地肌模様の相性が良さそうだ!・・・

早速手に入れて、並べてみた。

"竹皮模様"を箸の頭部先端部両側に意図的に施した『節目箸・Premium』・・・

方や、陶土と釉で色目と肌合いの味わいを醸し出す飯茶碗・・・

それが、まるで"竹皮模様"にも見えて、イメージが偶然一致!

 

ふたつの作品に共通する作者の思いは・・・『いかに心地良く自然感覚を作品に取り入れるか!?』

まるで長年探し求めていた者同士が巡り合えたかのような気分・・・

まさしく"七夕の日"に相応しい出来事だった・☆・☆・☆・

 

注】飯茶碗の制作:『陶丘工房』(末石昌士氏)天草市五和町御領

『節目箸・Special』その3−【肥後六花箸】

熊本の花と言えば、何と言っても『肥後六花』・・・肥後椿・肥後芍薬・肥後花菖蒲・肥後朝顔・肥後菊・肥後山茶花

季節の花に合わせた箸で食事を・・・何と粋で贅沢な!

 

この箸は、日本画家の一木恵里さんに数年前に描いてもらったもので、今や❝お宝もの❞!

 

この箸を、何と!?熊本城の写真に差し込んだ私の作品・・・これまた傑作!?

でも、城と石垣が元通りの姿になるのは・・・いつのことになるやら?


カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
記事一覧
カテゴリー
アーカイブ
管理者

Copyright (C) F design  laboratory All Rights Reserved.